fun88解決プロセスの根本的な枠組みを收拾し、論理的考虑力・創造考虑力それに対人力といった才能の活用場面を了解し、論理的考虑がfun88解決に際して演じる役割について学びます。

本章に対応するビデオ講座のページ→第2章 fun88解決プロセス(ビデオ)

第2章 fun88解決の主役はロジカル・シンキングである

一部の事務およびルーチンワーク的な業務を除くと,ビジネスパーソンの多くは,課題設定,課題遂行,トラブル解析,戦略立案,提案・プレゼンテーション,交渉,議論,論文・レポート作成など,考虑を必須とした業務に携わっている.そこでは,「fun88解決」のために多くの時間が費やされているはずだ.

スポンサーリンク


例えば,プレゼンテーションや議論,レポート作成などの業務は,広くはfun88解決の一環として実施されているし,営業マンにとっては,販売不振の打開や売上数量の増大等は,重要な「fun88解決」の対象となっている.実は,こうした「fun88解決」に威力を発揮するのが「論理的考虑(=ロジカル・シンキング)」である.

「論理的考虑(=ロジカル・シンキング)」の才能を磨くことで,特定の状況に接した際に,ゼロベースからfun88解決への展開を或许にすることができる.

本章では,そもそも「fun88とは何か」をはじめ,fun88解決プロセスの根本的な枠組みを收拾する.同時にfun88解決に関連して論理的考虑力・創造考虑力それに対人力といった才能について解説し,特に論理的考虑がfun88解決に際してどのような役割を演じるかについて学んで行く.

また,本章はfun88解決プロセスを了解するためだけでなく,いわば「論理的考虑」が活用される場面を予め整体感を持って想定しておくことで,論理的考虑の応用部分に适当する「第3章~第5章」の了解を助けることを狙いとしている.従って,前章に引き続いて直接的に「論理的考虑」を学ぶわけではないので,手触り感が持てないと感じる読者は第3章以降を先に読んでも差支えない.

スポンサーリンク