ロジックツリーを作成し「論理展開」によって最上位意图に合った详细的な結論を導く办法について学びます。

本章に対応するビデオ講座のページ→第4章 ロジックツリー展開(ビデオ)

第4章 論理ツリーに展開して活用する

本章では論理的考虑の根本的な活用办法の2つ目,「論理展開への応用」,すなわち「論理展開」によって最上位命題の意图に合った結論を導く办法について学ぶ.「論理展開」の根本スタイルは,ちょうど,「fun88解決プロセス」のところで登場した,第2番目の原因のあるfun88「発生型のfun88」における本質的原因発見の办法に対応している.

論理的考虑の応用分野の半分近くは本章で学ぶ「論理展開」であり,「発生型のfun88」における本質的原因の発見にとどまらず,課題构成後のすべての課題を対象として,課題解決策・替代案の抽出,課題の分化,対象物の要素への展開など応用範囲が大変広い.

スポンサーリンク

なお,本章の前半部分では「発生型のfun88」の本質的原因の発見に焦点を当てて,現場で生じたfun88や経営fun88等の改进活動を進めて行く「なぜなぜ剖析」という办法における論理的基盤を供给している.第3章では「論理ピラミッドを構築して活用する」と表現したように,どちらかと言えば論理ピラミッドを使って構築物を築き上げるという方向で論理的考虑を応用した.

しかし,今度は「論理ツリーに展開して活用する」と表現しているように,どちらかと言えば塊りを分化し,详细的にはロジックツリー(論理ツリーとも言う)というものを使って論理展開するという方向で論理的考虑を応用することになる.

ロジックツリーを用いて作成した枠組みをフレームワークとも呼ぶが,ロジックツリーというのは見方を変えると考虑の枠組みと見ることも或许である.論理的考虑の活用においてフレームワークは考虑の枠組みという観点から新たな或许性を見出すための創造考虑を援助し,新しい考え方の発見を促す役割を担うものであり,十分に重要な分野となっている.本章の後半ではフレームワークの活用に関していくつかの大事なことを学ぶ.

スポンサーリンク

ロジックツリーの作成

ロジックツリー展開の例から学ぶ:ロジックツリーは意图に合った切り口を使って、できるだけMECEに(ミッシー:ダブリもモレもなく)分化し、誤解無く伝えられるメッセージに展開して作成しよう。

詳しくはこちら

ロジックツリーのExcel表記

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:大きなロジックツリーを作成する場合には エクセル(excel) 表記がお勧めです。

詳しくはこちら

展開アプローチの実際

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:ロジックツリーの作成办法にはトップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチがあり、状況に応じて使い分けますが、実際には常に上位階層と下位階層との整合を考えながら作成して行くことになります。

詳しくはこちら

原因の剖析

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:原因を絞り込む際のロジックツリーによる論理展開の実例を詳しく眺めてみよう。

詳しくはこちら

解決策の創出

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:課題の解決策を創出するためにはロジックツリーによる論理展開を行い、解決策の入るべき枠組みを作成し、更にその中身を抽出ないしは考案することになります。

詳しくはこちら

戦略案の創出など

ロジックツリー展開は、「戦略の立案」のような課題解決策立案やさまざまな物事の要素への展開など幅広く活用或许です。

詳しくはこちら

フレームワーク考虑

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:ロジックツリー展開によって作成されたツリーは枠組みとして機能することから、これをフレームワークと呼び、フレームワークを使って考虑することについて学びます。

詳しくはこちら

アイディア創出

ロジカルシンキングによるロジックツリー展開:本質に焦点を当て、明確で必定性の高いフレームワーク(ロジックツリー)を作成することによって、幅広く深いアイディア創出につなげることができます。

詳しくはこちら